--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2011-02-01

いまコルカタ。

去年11月キルギスの後、ウズベキスタン(ヒヴァ、ブハラ、サマルカンド、タシケント)、カザフスタン(アルマトゥ)に行って中国戻って、チベット圏の町少しだけ行ったりチベット自治区に許可証無しで入るの失敗したり、そんで成都から深センへ飛び、香港、マカオを意外と楽しみ(深センの現代アート、香港のギャラリー巡り、マカオの街歩き、よかった。)、マカオからバンコクへ飛び、タイ北部のパーイって町で年を越して、それからミャンマーに3週間、バンコク経由で今インド。コルカタ。





↓こんな感じの約2ヶ月。

R0030061.jpg
ビシュケク(キルギス)で偶然見たヤギの解体。
とても必要な影響を受けた。


R0030148.jpg
ウズベキスタンの電車の中。
ウズベク人は人懐っこい。そしてそこまでうざくない(モンゴル人と違って)。大人も子供も。


R0030240.jpg
同じくウズベク人。
観光してたら一緒に写真撮れと。左の肩組んでるおばちゃんに。


DSC00070.jpg
タシケント(ウズベキスタン)の露店。

R0030583.jpg
同じくタシケント。(旧ソ連圏の街なかのオブジェはいいね!)

R0030590.jpg
同上。


R0030699.jpg
トルファン(中国新疆ウイグル自治区)の屋台。


R0030851.jpg
夏河(中国甘粛省)のチベット仏教寺。


R0030871.jpg
ラサ行きの電車乗るとき必要な健康カードを偽造。
名前は「リー・ダーミン」。


R0030890.jpg
成都の変な遊園地。
ミッキー、ウルトラマン、ガンダムなどから過剰にインスパイアされたものが盛り沢山。


R0030930.jpg
R0030931.jpg
そこの変な銅像。

R0030934.jpg
そこにいたチベット僧。


DSC00080.jpg
成都の熊猫基地。
パンダ最高!


R0031176.jpg
香港ディズニーランド。


R0031594.jpg
マカオ。最高の瞬間。


R0031631_2.jpg
パーイ(タイ)の宿、夢蝶【ゆめむし】。
これまで泊まってきた宿で一番くらいに居心地よかった。

R0031637.jpg
パーイの風景。

R0031797.jpg
パーイの温泉。
自然と一つになれた。





このあとミャンマーに行ったけどめんどくさいんで写真載っけません。
ミャンマー…
いずれ日記に書くだろうけど… 一言、しんどかった。 人が。
みんな「お金お金」って感じだった。
アンラッキーだっただけかもしれないが。
一緒の時期に行った人でもよかったって人はいたし。
でも僕はだめでした。エチオピアの次くらいに。
もちろんいい人もいくらかはいたんだけど。
あ、でも西側のビーチ(ガパリ、モウシェジャイ)はとてもよかった。
静かで、落ち着いてて。
日本人あまり行かないみたいだけどオススメです。





この約2ヶ月でとてもよかったもの。

・ウズベクのおばちゃん達の笑顔
         ・・・胸を締めつけるような、きゅんと来る、屈託のない、満面の笑顔。
・成都のパンダ・・・おっさん、内マタ、ナマケモノ。
・マカオの夕暮れ時
    ・・・離れて見る街の景色、灯る明かり。こういうのを見に旅に出てる、生きていると。
・パーイ・・・自然との絶妙なバランス。山村風景。理想に近い場所。
・ミャンマーのビーチ(ガパリ、モウシェジャイ)・・・静か。波の音、鳥の声、虫の声。





このあと早ければ2月4日にアンダマン諸島に行く予定。船で4日くらいかけて。
月に2本の船だからチケット売り切れてなかったらだけど。
インドの後は多分南太平洋の島々へ。
トンガとかサモアとか…

早く行きたい。



スポンサーサイト

2010-11-14

近況。

いま中央アジアのキルギスにいる。
首都のビシュケクでウズベキスタンとカザフスタンのビザ待ちしてる。

昼間はそうでもないけど朝夜はかなりの寒さや。




前の日記に書いたモンゴルに入ってからは、



西のはずれウルギーという町でイーグルフェスを見て、

R0028614.jpg

R0028692.jpg




ホーミーの本場チャンドマニ村に行くため立ち寄ったホブドという町で幸運にもホーミー奏者を紹介してもらい、うちらの宿の部屋で特別に演奏してもらったり、


(昔ユーミンが聴きに行ったホーミー奏者の息子。こちらから申し出て食事はご馳走させてもらったものの無償で、全くの善意でやってもらった。映画「チャンドマニ」出演、HISウランバートル勤務。)




ウランバートルではいろんなオブジェに興奮し、

R0028817.jpg
R0028822.jpg
R0028836.jpg
R0028839.jpg
R0028847.jpg
R0028848.jpg
R0028834.jpg
R0028857.jpg




ウンドゥルハーンで羊に囲まれ、(ここまでモンゴル)

R0028963.jpg




そこから三日三晩の移動で敦煌まで行き、

R0029074.jpg
R0029125.jpg




莫高窟や砂漠に行き、

R0029145.jpg

DSC00023.jpg
↑下に見える2つの人影の1つがおれ。このあと上の奥の丘まで登った。
R0029202.jpg




新疆(ウイグル)でうまい飯を食い、

R0029277.jpg




パキスタンのフンザ(カリマバード)で植物や子供と戯れいい景色も眺め、

R0029639.jpg

R0029651_convert_20101114031347.jpg

R0029568.jpg

R0029821.jpg

R0029595.jpg

R0029482.jpg

R0029573.jpg

R0029804.jpg




中国-キルギスの国境からトラックヒッチし、

R0029915.jpg





と、フンザで温泉シャワー中に50m横で巨岩の崖崩れが起こった以外は危険な目にもあわず楽しんでる。

R0029714.jpg
↑こういうとこで遭遇。人生でトップ3に入るくらい身近に死を感じた。






しかしまあ、

9月に日本を出た時は12月中に東南アジアも回ってって思ってたけどとても無理だ。
フンザもここ中央アジアも行くつもりなかったのに行ったし。


これからどう回ろうか。







写真は載せてないけど中国-パキスタン国境(フンジャラブ峠)辺りの山の景色、オススメ。
これまで見てきた中でどこにもないタイプの強烈な景色。
写真ではその良さを表現できない。僕の場合。
峠の最高地点で標高5000m弱(山自体はもっと高い)、で、この時期かなり寒い。
が、いいとこ。



2010-09-27

海外旅行再開。

いまモンゴルのウランバートル。
寒くて風邪ひきかけてる。

9月14日に神戸発のフェリーで上海に行き、万博や雑技団やギャラリー見て北京へ行き、天安門や毛沢東や芸術区(ギャラリーや美術館たくさんあるとこ。よかった!)や万里の長城見て北京ダック食って大同ってとこへ行き、雲崗石窟(素晴らしすぎる!!)とか見て陸路で昨日モンゴル入り。
今日これから鷹匠祭(イーグルフェスティバル)を見にウルギーってモンゴル西部の町に向かう。
バスで50時間以上かけて。

これまで一年半くらい旅行してきたが50時間以上の移動は初めてだ。
それもどこにも泊まらず寝台車でもなく。(リクライニングが付いてるかも怪しい。)

ちょっとドキドキしてるけど最近ハードな旅行をしてなかったから少し楽しみでもある。
あのケニアの牛乗せトラックの荷台の上のジャングルジム16時間を上回るかどうか。
そんな訳ないと思ってる。
それ超えたら地獄の次を見てしまうから。
それは見たくない。


まあどのみちがんばる。




それはそうと最近の中国(特に都会)は宿のネット環境もいいからがんばって今までよりはブログ書くぞ、って思ったらなんとこの国FC2(このブログのサイト)見れないのね。
だからこれからまた3~4週間したら中国戻るけど中国ではブログの更新ができない。
元々スローだった更新がさらにスローになるわけだ。
中国にいる間はmixiで簡単に書こうかな。





7月の沖縄、8月の東北北海道旅行の後の話を少し。


あいちトリエンナーレに行った。
http://aichitriennale.jp/

よかった。気に入った作品が結構あった。



そのあと瀬戸内国際芸術祭に行った。
http://setouchi-artfest.jp/

すげえよかった。
作品も、島も、道も、家も、風も。

女木島、男木島(最近火事あったみたいね)、犬島、豊島なんかが特に良し。
また住みたい所が増えてしまった。
高松も結構過ごしやすそうな街だった。

作品に関していえば、犬島の銅の精錬所跡を使った作品、最高だった。
建築家の三分一博志設計だとか。
今まで行った中でどこにもないな、あんなの。

大竹伸朗の銭湯も素晴らしかった。
銭湯をああやるか。
実際に湯に浸かれたんだがあんな入浴状態は初めてだ。

他にもいいものいっぱい。
時間ある人は行ってみるといいと思う。




東北北海道旅行を終えたのが9月1日で、それから1週間東京の友達の家に居候。その後夜行バスで名古屋へ行き、一日半トリエンナーレを見て電車(18切符)で高松まで。4日間芸術祭見てから夜行フェリーで神戸に行き、そのまま14日にフェリーで上海へ出発。2日後上海着。
そんなスケジュールでした。
まあ無事に出国できました。
また海外の旅が始まります。いざ。







(各地の詳細や写真はまたあらためて載せます。いつの日か。)

2010-05-23

報告。

いまカトマンズ。ネパールです。

おとといまで10日くらいかけてエベレストトレッキングに行ってきた。
カラ・パタールってエベレストに一番近いビューポイント(標高5545m)まで。
詳細は後日書くけど、高山病は大変だったけど、素晴らしかった!!


で、もうすぐ日本帰ります。
行きたいとこまだまだ残ってるからとりあえず一時帰国。

いまんとこここカトマンズからバンコク行きのチケット(5/24)しか買ってないけど、バンコク着いてから旅行代理店で安い日本行きチケット探す。
多分月末のフルムーンパーティとか行ってから6月上旬には帰る予定。


しかしバンコク騒乱は大丈夫なのか。
ほぼ沈静化とはネットに載ってたけど。
慎重に行動しよう。



日本帰ってからは7月沖縄、8月北海道でアイヌの祭りとか行って、また9月頃には出かけようと思う。
中国から入ってモンゴル、チベット、中央アジアあたりか。
それで年末また日本帰ってそのあとミクロネシア、オーストラリア…

もちろんまだ適当な考え。妄想。
7月やっぱポリネシアで皆既日食見たい!ってなるかも。いまはあきらめたが。
その前にお金の計算を日本帰ってやらねば。


という感じです。


2009-11-17

ヨーロッパ、卒業!

思いのほか長くいたヨーロッパを抜け、約1週間前ついにイスタンブール到着。
飛んでイスタンブールです。ブルガリアからバスで到着。

いやーほんとヨーロッパは長居した。5ヶ月余り。
当初の予定では物価高いし夏フェスが終わってちょっと観光して9月頃には出ようかと思っていたけど意外に行きたいとこたくさんあったりあとやはり先進国の人間にとって居心地のいい(過ごしやすい)とこだったからこんな結果になってしまった。

ご存知の方もいますがヨーロッパには「シェンゲン協定」というものがあって、簡単に言うとその加盟国の滞在日数が180日の間で合計90日を超えてはいかんという制度。
今回約1ヶ月オーバー。
ヨーロッパに入ったばかりの頃初めてそんな制度があると聞いたものの当時はそんなに長くいないだろうから関係ないやと思っていたら超えた。
最後のシェンゲン内のベルリンから出るとき空港の審査官にこれまでにないほど長時間パスポートを見られかなりビビったけど結局何も言われず通過。何見てたんだ、あれ。
規則は守ったほうがいいのですがこのくらいは勘弁してください。

ともあれヨーロッパを無事卒業。
堪能した。
本当にいろんな経験が出来た。旅行前には想像していなかったこともたくさん。
楽しかった。


そして今はもうイスタンブールを抜けトルコの地中海岸の街アンタルヤにいます。
イランに行こうかどうかすげー迷ってます。
イスファハンのモスク見たいけどビザ代50ユーロは高い!

まあどちららにせよ初の中東楽しむで!
で、多分そん次のアフリカも楽しむで!!



追加...
日本を出る前からずっとはき続けてきたズボンがブルガリアの首都ソフィアで遂に寿命を迎えました。
膝上やケツポケのあたりが何度も破れ、その度に補修(お裁縫)してきたけどもう限界だった。
最後はもう引退間際の千代の富士みたいにボロボロになりながらもがんばってました。
本当にお疲れ様。
そしてソフィアの古着屋(?)で買ったズボンにチェンジ。
ブルガリアといえば琴欧州です。
が、僕は彼のことはよく知りません。
北勝海とか旭富士のほうが好きなんです。
そう、大乃国世代なんです、僕らの世代は。



こうやって補強してがんばったけど、
DSC09688.jpg

最後はこんなんになった。
DSC09872.jpg

新ズボン、がんばってね!



~メモ~
ソフィアの古着屋(?)で買ったズボン1100円
スソ上げ代480円
スソ上げ屋のおばちゃんの笑顔...priceless.
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

きたむら ゆうすけ

Author:きたむら ゆうすけ
2009年1月から世界旅行に出ました。
いま行きたいと思う所を全部行ってみたい。
そうやって楽しみながら「やりたいこと」やら「お金」やら、いろんな中での立ち位置を少し見つけられたらなと思う。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。