--------

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

2009-10-12

アウシュヴィッツ。

R0016727.jpg




ポーランドのクラクフという町から電車で1時間半、アウシュヴィッツに行ってきた。
ここはこの旅行で行きたかった場所の1つ。
行けてすごく良かった。



R0016677.jpg

R0016679.jpg

R0016715.jpg




人間が人間に行った、もう二度と起こしてはならない事件が起こった場所。
写真ではなく、この場所に直接立ち、感じたかった。



そしてそれらは想像以上に強烈に響いた。吐き気すら覚えるほど。
この空気、この事実、本当に胸クソ悪い。




R0016684_convert_20091012103051.jpg

R0016681.jpg

R0016690.jpg

R0016693.jpg

R0016692.jpg

R0016697.jpg

R0016751.jpg

R0016702.jpg
上から、死の壁(銃殺用の壁)、集団絞首台、殺された人々の髪、靴、毒ガス「チクロンB」の空き缶、収容者のベッド、同、ガス室



この事件についての僕の知識は本当に薄っぺらいものでしかないが、この場所を回り僕が思ったこと。それは、「ナチがなぜこんなことをしたのかわからない。」

「戦争が悪いんだ」ということでは説明がつかない。
例えばヒロシマナガサキの悲劇はそれで説明がつくところが一部にはある。(絶対にやってはならなかったことだと思っているが。)
けれどここで起こったこと(たった70年前に起こったこと)、特にユダヤ人絶滅の思想は何故生まれ、実行されたのか。

彼らは人間を家畜のように扱った。


この旅に出て僕は、どこの国の人間だろうと根本の根本は一緒なんだと知った。肌の色や表面上の考え方、文化は違えども掘り下げればみんな同じ。怒るところ笑うところ悲しむところ喜ぶところはみんな同じ。
なのに何故?
歴史の背景や「洗脳」という類の言葉がちらつく。
でももっと深いところを知りたい。
何が彼らを動かしたのか?






もっといろいろ勉強しよう。歴史について、人間について。




悲劇は世界中、至る所で起こっている。

現在も。





R0016754.jpg

R0016723.jpg

R0016742.jpg








~メモ~
クラクフからオシフィエンチムまで電車250円、1.5h
オシフィエンチム駅からアウシュヴィッツまでバス70円、5分
アウシュヴィッツ、ビルケナウ(第2アウシュヴィッツ):ともに入場無料
ガイドブック:130円

滞在期間:2009年10月2日
スポンサーサイト

コメントの投稿

管理者にだけ表示を許可する

No title

原爆ドームもアウシュビッツも世界中の人間が一度は行くべきとこなんだろうね。

No title

すごいレポートをありがとう

あんなひどい目に在ったユダヤ人が今パレスチナ人にしていることを見ると人間の本性は民族、宗教、国家で語るべきではなくもっと根源的なところから考えるべきなのだろうね。

ユースケがこの旅で感じたこと大事にしてください

No title

旅に出て、本当に知らなきゃいけないことが沢山あるって分かった。
そう歴史だけじゃなく現在もだよね。

けたみら

>kuma
うん、やっぱり実際行くと感じるものが違うと思うよ。
特におれは文章や写真だけではうまく感じ取ることができないしね。
原爆ドームも行ってよかった場所。

>深澤さん
ありがとう。
ほんとその通りだと思う。パレスチナの問題も今起こっている重大な問題の一つ。人間がやってることで、だからこそ複雑な問題。
この旅で色々感じ、活かしていきたいです。

>としくん
ほんとだよね。ほんと僕らはなんにも知らない。大事なことはいっぱいある。
限界はあるかもしれないけど今や未来を精一杯考えていきたいね。

No title

強烈な場所だね。
実際に生で見たらどう感じるのだろう。。

けたみら

>みずくら
ほんと強烈。
嫌な空気が漂ってる。
そしてこんなこと絶対二度とやっちゃいけないって心から思うよ。
最新記事
最新コメント
カテゴリ
月別アーカイブ
プロフィール

きたむら ゆうすけ

Author:きたむら ゆうすけ
2009年1月から世界旅行に出ました。
いま行きたいと思う所を全部行ってみたい。
そうやって楽しみながら「やりたいこと」やら「お金」やら、いろんな中での立ち位置を少し見つけられたらなと思う。

最新トラックバック
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。